シロアリ駆除に100万円かかるときはどんなとき?高くなってしまう費用とは?

ネット上を検索していると、
「シロアリ駆除に100万円以上かかった」
「思ったよりかかった費用が高額だった」
といった情報をたまに見つけることがあります。

実際のところ、ほとんどのお住まいにおいて、100万円の高額な費用がかかることはありません。

ただし、お住まいの状況や、本来のシロアリ駆除と同時にセールスされる工事を追加した場合、依頼する業者によっては、100万円近くになる場合があります。

いったいどんな費用が積み重なると100万円になってしまうのか、基本的にかかる費用と合わせてご紹介させていただきます。

シロアリ駆除に基本的にかかる費用

まず、どこの業者でも基本的にかかる費用からご紹介します。

シロアリ駆除の基本的な工事は、お住まいの床下や、水回り、庭といったシロアリが生息しやすい場所にシロアリを殺虫できる薬剤を散布する「バリア工法」をほとんどの業者が採用しています。 (シロアリの殺虫効果がある餌を地中に埋めて撃退するベイト工法もありますが即効性がないため、採用している割合は非常に少ないです)

バリア工法では、どこの業者も次のような計算式で費用を計算しています。

お住まいの建物1階の床面積 × 施工単価 = 総費用

このうち、施工単価は㎡、または坪単価で計算され、業者ごとに価格は異なっています。

当サイト「シロアリ駆除業者人気ランキング」では、全国展開をしているシロアリ駆除業者を中心に価格やサービス、スピードに優れた15社をランキングしていますが、すべての業者の平均施工単価を計算すると、

1㎡あたり1,855円(1坪あたり6,121円)となっています。

ただし業者間では施工単価にかなりバラツキがあり、1200人の投票でランキングされた上位5社の価格を比較すると次のとおりです。

  ㎡単価 坪単価
シロアリ110番 1,320円 4,356円
アサンテ 3,190円~ 10,527円~
ダスキン 2,475円~ 8,167円~
サニックス 3,080円~ 10,164円
生活救急車 1,600円~ 4,800円~

(2022年4月当サイト調べ)

一般的なお住まいの広さに近い1F床面積20坪(約66㎡)~30坪(約100㎡)程度でかかる費用は次のようになります。

  20坪のシロアリ駆除費用 30坪のシロアリ駆除費用
シロアリ110番 88,000円 130,680円
アサンテ 210,540円~ 315,810円~
ダスキン 163,340円~ 245,010円~
サニックス 203,280円~ 304,920円~
生活救急車 96,000円~ 144,000円~

価格の安い1位のシロアリ110番は全国283の加盟店によるシロアリ駆除サービスで、余計な営業経費や宣伝広告費を徹底的にカットすることで、平均価格よりも大幅に安い金額を実現しています。

逆に2位のアサンテは、自社従業員による施工や、年に一回の点検サービスを実施するなどサービス面に手厚いことから、価格は高めになっています。

このように施工単価は業者ごとにバラツキがありますが、一番高い業者にお願いした場合でも平均的な30坪程度のお住まいの場合、30万円程度になります。

これより広いお住まいでも50万円程度になり、100万円には届くことはありません。

シロアリ駆除の金額は受付したらすぐに出るわけではなく、ほとんどの業者は必ず事前調査と呼ばれるお住まいへの無料の調査を経て見積額が決定されます。

その見積もりでは、基本的な費用以外にいくつかの費用がプラスされている場合があります。

どのような工事が追加されると高額になってしまうのか、代表的な5つの工事をそれぞれご紹介したいと思います。

1.木材部分に営巣したシロアリの駆除費用

シロアリの生息がすすむと、特にお住まいの木材部分にシロアリが営巣することが多くなります。

実際にシロアリの巣が確認された場合、それを除去する費用が別途かかる場合があります。

、実際シロアリがどれくらいいるのかによって金額も変わりますが、程度や業者によっては基本の費用に含まれる場合も多く、追加の費用がかからない場合もあります。

2.シロアリ被害の現状復旧費用

床下

もっとも多いのがシロアリに実際に被害にあっている部分の復旧費用です。

具体的には

  • 柱がシロアリに食われて折れそうになっている
  • 床が抜け落ちそうになっている
  • 浴室に穴が開いている

など見た目でもはっきりわかる被害となります。

住まいに大きな被害が及んでいる場合、シロアリを駆除しただけで放置しておくと、建物の強度が下がり、耐震性などに問題が残ります。

中には住むことに支障が出ている場合もあり、このような状態を復旧させるための費用が必要です。

現状復旧費用は、家の構造や被害の程度によって大きく異なるため、シロアリ駆除業者ではなく、リフォーム業者に依頼しないと工事できない場合もあります。

逆にいえば、現状においてシロアリ被害が出ていない場合は全く関係のない費用と言えます。

3.木材部分への防腐・防カビ処理費用(予防対策)

木材防腐剤

シロアリは、お住まいの木材部分をエサにする生物です。

なかでも、腐ってやわらかくなった木材を好みます。

木材が腐ってシロアリの被害が及ばないように、シロアリ駆除の薬剤に加えて防腐、防カビ成分の入った薬剤を木材部分に吹き付けることを提案される場合があります。

費用は業者によってまちまちで、駆除の薬剤と混ぜて散布して割安に行うこともあれば、本格的な防腐処理を行う場合もあり、数万円から数十万円の単位になることがあります。

4.床下調湿剤の設置費用(予防対策)

木材防腐剤

シロアリは、一年中を通して湿気が多いところを好みます。

お住まいの中の床下部分は湿気が一番溜まりやすく、シロアリが住みやすい状況になっています。

将来的にもシロアリが住みにくい環境にするため、湿度が高い時には湿気を吸収し、逆に湿度が低いときには湿気を排出する素材が入った床下調湿剤の設置を提案される場合があります。

吸湿、排湿作用のあるゼオライトや木炭・竹炭の入った袋を床下に入れる作業になります。

効果は半永久的なため、はじめてシロアリ駆除を依頼したときに提案されやすい費用で、お住まいの規模によって設置する数も異なるため、数万円から十万円以上の値段幅があります。

5.床下換気扇の設置費用(予防対策)

床下換気扇

床下調湿材と同じ目的で、床下に専用の換気扇を設置し、空気を撹拌することで床下の湿度を調整することを提案される場合があります。

床下換気扇にはいろいろ種類があり、

  • 24時間換気する標準的なタイプ
  • タイマーで一定時間だけで動くタイプ
  • ソーラー型で電気代も不要なタイプ

などがあり、高機能になるほど価格は高くなります。

はじめてシロアリ駆除を依頼したときに提案されやすい費用で、10年程度で機器の交換が必要になる場合があります。

換気扇の種類や部屋数にもよりますが、30坪程度の家だと2~3台の設置が必要で、価格も業者によって異なり、取り付け設置費用込みで10万~30万円程度の値段幅になることが想定されます。

シロアリ駆除費用が高額になる場合はどんな時?

主に2つのケースが考えられます。

一つは、シロアリの被害が甚大で、本来の駆除作業以外に巣の除去や被害の受けた部分の原状回復が必要な場合です。

被害の程度の大きさによって、総額で100万円を超える場合もあります。

もうひとつは、先ほどご紹介した

  • 木材部分への防腐・防カビ処理費用
  • 床下調湿剤の設置費用
  • 床下換気扇の設置費用

といった将来シロアリが発生しないよう追加の予防対策を行う場合です。

これらの費用を提案されるかは、業者によって異なりますが、もしすべての対策をフルで行った場合、お住まいの広さによっては総額で100万円に近づくことは可能性としてゼロではありません。

予防対策をする、しないは業者ごとに判断は異なる

これらの予防対策をする、しないの基準はシロアリ駆除業者の方針によって異なり、業界的に統一した基準があるわけではありません。

あくまでも業者独自の見解で、これからもシロアリが発生しないようにするために提案される費用となります。

「あなたの家の床下は湿気が多くてシロアリが住みやすいと思う」
「湿気対策をしないと将来またシロアリが発生する」
「家も傷むので総合的なメンテナンスになる」

といった理由で提案されることが多いようです。

シロアリの予防対策は本当に必要?

では、費用がアップする原因となる予防対策は本当に必要なのでしょうか?

実は、基本的な作業で使用されるシロアリ駆除の薬剤は、散布してから5年間は発生予防効果も持続します。

ほとんどの業者では5年間の保証サービスをつけており、もし再発生した場合には無料で再施工を行ってくれます。

そのため、基本的な薬剤の散布だけで十分という見解の業者もあります

また、床下の湿気を取り除くことができても、あくまでシロアリが住みにくい環境を作るだけなので、根本的な対策にはなり得ないとされ、提案自体を行わない業者もいます。

お住まいの状況を見て親身に提案される場合もありますが、業者の中には基本的な工事に加え、調湿剤や換気扇の設置が営業ノルマになっている場合もあり、100%お客様の立場に立って提案しているケースばかりではないこともあります。

シロアリ駆除費用が高額になる場合はどうしたらいい?

それでは、見積もりを出されて、基本的な工事以上の高額な費用を提案された場合、どうすればよいのでしょうか?

その場合、やはり複数の業者の提案を聞いてみて、本当にその作業が必要なのかどうか、いろいろな意見を聞くことで判断されることをおすすめします。

実際に被害が発生している場合は、目で見てわかることも多いので、わかりやすいですが、将来的な発生を予防する対策の場合、未来を予想するのはかなり難しいことです。

お住まいの方からすると、シロアリに関するくわしい知識はほとんどなく、またその見解も業者によって異なることから、高額な提案をされれば迷うことと思います。

住まいの安全に関わることですので、一番安いから良いというわけでもありません。

そのため、一度費用のことは置いておき、2~3社程度で相見積もりを行ってみて、どのようなシロアリ対策が自分の家にとって最適なのか、その説明がお客様にとって一番納得できる業者に依頼することが最もベターな方法と言えるでしょう。

確実に言えるのは1社だけの見積もりを見て、判断されることは良い選択ではありません。

少し面倒でも相見積もりをとってみて、費用や対策の中身を比べてみて判断されることをおすすめします。

シロアリ駆除業者人気ランキングでは、1,200人の一戸建てにお住まいの方に聞いたアンケート調査に基づいてランキングされた、日本全国で対応できる業者を中心に厳選15社をご紹介しています。

シロアリ駆除の価格やサービス内容は業者によって大きく異なります。

お金も時間も無駄にせずに、シロアリ駆除業者を選びたい方はぜひご覧ください。

価格・サービス・スピードで徹底評価
1,200人が選んだシロアリ駆除業者TOP5!

シロアリ110番

第1位 シロアリ110番

業界では最安値級となる、1㎡あたり1,320円の一律施工価格! 日本全国のネットワークで24時間365日のスピード対応を実施。

施工単価:1,320円/㎡

アサンテ

第2位 アサンテ

手厚いサービスでハイレベルな施工をご希望の方に最適。東北~関西地区限定

施工単価:3,190~円/㎡

ダスキン

第3位 ダスキン

シンプルな駆除方法で丁寧なチェックと駆除をしてくれる。加盟店の数が多く安心。

施工単価:2,475~円/㎡

サニックス

第4位 サニックス

40年以上の営業実績と80万件以上の施工実績を持つ老舗業者。日本全国対応。

施工単価:3,080~円/㎡

生活救急車

第5位 生活救急車

日本全国2270店以上のネットワークでスピード対応。

施工単価:1,600~円/㎡

しろあり防除施工士監修
シロアリ駆除Q&A

シロアリ駆除業者人気ランキング