シロアリ駆除で最低限覚えておきたい5つの知識

シロアリ駆除会社を選ぶ時に、あらかじめ確認しておきたいポイントとは?

実際に自分がシロアリ被害にあうまでは、「シロアリのことなんか考えたこともなかった」という人がほとんどでしょう。

だからこそ、いざ駆除会社を選ぶことになった時、どんなポイントを見ればいいのか、何に注意すればいいのかがわからなくて困ることに。

そこで、選ぶ時に最低限覚えておきたい5つの知識をご紹介します。チェックすべきポイントをあらかじめ知って、ぜひ良い業者・悪い業者の見極めに役立ててください。

1.まず金額の相場を知ろう

シロアリ駆除をする際には当然お金がかかりますが、初めて駆除を頼む場合、金額の相場がわかりませんよね。相場を知らないまま言われた金額で頷いていると、実はかなりボッたくられていたということになりかねません。そこで、まずは大体の金額感を知ることが大切です。

建物の状況などでも異なり、現地調査により金額が変わる場合がありますが、薬剤を散布しないベイト工法の場合は、外周1メートルあたり約4,000~8,000円。

薬剤を散布するバリア工法の場合は、坪単価約4,000~10,000円となります。この金額より安すぎたり高すぎたりした場合は、なぜその金額なのか疑ってみた方が良いでしょう。

2.どんな薬剤を使うのかチェック

シロアリ駆除では、ほとんどの場合において薬剤の散布や注入が必要となります。ここでチェックしておきたいのが、どのような薬剤を使うか、という点。シロアリ駆除のための薬剤にはいろいろな種類があり、ニオイが強いものから、低臭で体への負担が少ないものなど、会社によって使う薬剤が異なる場合があります。

細かい薬剤の種類まで知る必要はありませんが、薬剤の中には体に負担があるものもある、ということを知って、あらかじめどのような薬剤を使うか確認する、要望があれば見積もり時に伝えておくと良いでしょう。なるべくなら、安全性の高いものを使用していると明言している会社を選びたいですね。

3.保証内容がしっかりしているかを確認

シロアリ駆除・予防のための薬剤の効果は5年で切れると言われています。そのため、多くの業者が施工日より5年間の保証をつけています。

しかし、必ずしも保証がついているとは限らないのが怖いところ。なかには、保証について明言していない業者もあります。そこで、まずは保証をつけてくれるのか確認を。

そして次に、保証の内容をチェック。保証期間は何年なのか、保証期間中に再度シロアリが発生した場合はどのような処置をしてくれるのか、再発して家財に被害が出た場合は最大いくらまで保証してくれるのか、この3点は最低限しっかり確認しておきましょう。

4.保証期間中の無料点検も重要

シロアリ駆除は一度施工して終わり、というような気がしますが、もしかしたら土の奥の奥にシロアリが隠れていて再度発生する可能性もゼロとは言い切れません。これは、どんなに技術力の高い業者に依頼しても同じです。

だからこそ保証期間中の無料点検はとても重要。実はこの点検内容は会社によってバラバラで、1年毎や2年毎に無料点検を行ってくれる親切なところもあれば、5年に一度しか点検に来ない、点検は希望者のみ、そもそも無料点検はなく有料で行う、といった場合も。どのようなアフターサービスが用意されているのかを知り、安心してまかせられる業者を選びましょう。

5.悪徳業者に引っかからないために

残念なことに、シロアリ駆除会社のなかには悪徳業者も少なからず混ざっています。そのような業者は、必要のない駆除を行ったり、本来不要な補強材を勧めたりとやりたい放題。強引に契約を迫ったり、今すぐ施工しないと家が倒壊するなどやたら恐怖を煽ったり、大幅な値下げでお得感を煽るようなところは要注意。

複数に見積をとって意見を聞いたり、公益社団法人 日本しろあり対策協会に入会しているか?などをチェックするなどして、焦って契約してしまわないよう注意しましょう。

以下にランキングしている1,705人のアンケートに基づいたシロアリ駆除会社15社は、日本シロアリ対策協会入会済みで駆除会社を選ぶ際の参考にしてみてくださいね。

1,705人が選んだシロアリ駆除会社BEST15